うつ病チェックで自分のストレス度を調べよう!

うつ病チェックは心の診断

ドクター

うつ病とは気長につきあおう

うつ病を自分でチェックするには、気分がふさいでいる状態が2週間以上続いていること、食欲がなかったり、夜眠れなかったりといういくつかの項目があります。今まで楽しめたことがつまらなく感じたり、生活全般様々な場面で意欲が減退することなども特徴でしょう。身体的にも頭痛、肩こりなどの症状が伴うことも多く、一口にうつ病といってもいろいろタイプがあります。オーソドックスなメランコリー型とは異なり、嬉しいことが起これば一時的に気分が改善する非定型うつ病、別名新型うつというタイプもあります。この非定型うつ病は女性に多いタイプで、症状は慢性的であると言われています。双極性障害のうつ症状はこの否定型うつであるという説もあります。?SM_?_TRのチェックによると、気分反応性があり、著しい体重増加もしくは食欲減退、過眠、手足の重さ、人間関係の遮断などが特徴とされています。うつ病は脳内のセロトニンが不足して起きるとも言われていますが、朝日を浴びることは効果的です。しかし、睡眠障害が著しいうつ病患者にとって、定期的に早朝起きて、カーテンや窓を開けることは困難なようです。一部の医師によると、新型のうつはうつではないと否定しています。つまり、性格のゆがみによるものだとさえ言われているのです。うつ病は風邪のように数日で完治するものではありません。焦って治そうとするとかえって悪化するため、投薬治療と療養、そしてリハビリが重要と言われています。チェック項目はネットなどでも簡単にできるため、一般にうつ病の理解は深まり、患者数も増加したと予想されます。常に自己チェックを心がけ、気をつけて生活することが望ましいでしょう。うつが悪化すると感情鈍麻という無感情となり、長期化することもあります。心療内科などクリニックも増加しています。気軽に診察を受けられる環境があることは、とてもありがたいことだと思います。信頼できる医師や医療スタッフとの出会い、そして、キーパーソン的な存在があればうつになってもそんなに怖くないのだと思えます。こころの時代と言われていますが、自分自身の心を常に点検する余裕が必要なのではないでしょうか。疲れたらそのまま突き進まず、ちょっと休憩を取る勇気が肝心でしょう。長い人生、少々立ち止まってもそんなに遅れをとることはありません。生きてさえいれば、なんとでもなるのです。うつになると、自責的になり、暗闇に自分を追い込み光を拒否してしまいますが、「明けない夜はない」という言葉はとても素敵ですね。

セルフでうつ病チェックを

男の人

うつ病の患者さんには共通して特徴的な症状が見られます。自分の心の状況に不安を感じたらセルフチェックを行って、うつ病の特徴に当てはまるかどうかを調べてみましょう。当てはまるポイントが多ければ心療内科の受診をお勧めします。

Read More

うつ病になりやすい人は

女の人

うつ病は誰でも発症する可能性のある病気ですが、なりやすい傾向にある人とその逆になりにくい傾向にある人がいます。自分のタイプをチェックし、うつ病の疑いがある場合にはすぐに病院に行きましょう。

Read More

うつ病の診察を受ける場合

ウーマン

うつ病の症状が進行すると日常生活にも支障をきたすことが多くなります。不眠が続く、気持ちの落ち込みが戻らないなど、ある程度のセルフチェックができますので、不調を感じた場合には心療内科の受診がおすすめです。病院選びは多くの情報を調べましょう。

Read More

うつ病は判断が難しい

相談

うつ病は心の風邪ともよばれており、誰でもかかりやすい身近な病気です。しかし、発症してもなかなか素人には判断が難しいためいくつかのチェックできる方法をあげてみます。

Read More

Back to Top